蒼天快走記 ~青のトランザルプとリトルカブ90改~

XL650Vトランザルプ・N-ONE・リトルカブ90改が主役のブログです。写真で旅を記録していきます。過去のバイクは、アヴェニス、CBX125Custom、VTR250、CB400SF、スーパーカブ90カスタム、ジェベル125です。

メーターユニット交換、ビキニカウル破損・・・

先日、長男のCBF125が修理中のため、CB400SFを貸してやったところ、見事にこけくさって転倒いたしまして、ビキニカウルを破損してしまいました。その際、メーターにもダメージがあったようで、トリップメーターがきちんと動かなくなりました。当然、ビキニカウルは廃棄処分です(泣)。

 

f:id:gan_jiro:20130420114455j:plain

 

棒で突いたような傷がわかるでしょうか。これは、ビキニカウルのシールドを止めていたボルトが食い込んだ跡です。外から見ると損傷はこれだけで、メーターはきちんと動きます。なので、見た目は悪いけどそのまま乗ろうかと思っていたんですが・・・。

トリップメーターを0合わせしようとメーター横のダイヤルを回したところ、文字盤がくねくね動くのです。しかも数字はきっちり合いにくい。乗ってみると10の位がハンパなところで止まる。いったい何キロ走っているのかわからない状態に・・・。で、直せるものなら直してみようと分解してみると、インナーケースが割れている。加えて、アッパーカバーを止めるネジが1本折れていて、きっちり止められない。これはいつ壊れてもおかしくないと言うことで、新しいものに交換することにしました。

純正中古にするか、社外品の新品にするか悩んだのですが、純正は中古でも値段が高く、なかなか良いものがありません。で、Amazonで見つけた社外品にしました。それが、これです。

 

f:id:gan_jiro:20130420120307j:plain

 

メーター下のパネルが青いのは傷防止のためのビニールが貼り付けてあるからでした。これは、かなりがっちり張り付いていて、はがすのに苦労しました(^_^;。

 

さて、取り付けです。古いメーターを取り外すためには、まず※ヘッドライトを外す必要があります。そうしないとネジを回せないんですね。こんな感じです。

 

f:id:gan_jiro:20130420114706j:plain

 

必要な配線はヘッドライトユニットの中にあるので、ヘッドライトもあけて中をむき出しにします。

 

f:id:gan_jiro:20130420115350j:plain

 

この、赤いコネクターと白いコネクターを外します。

 

f:id:gan_jiro:20130420120044j:plain

 

次に、スピードメーターケーブルを抜きます。

 

f:id:gan_jiro:20130420120154j:plain

 

外しました。

 

f:id:gan_jiro:20130420125358j:plain

 

新しいメーターを仮組みし、コネクターを2つ挿すだけで配線完了です。もちろん、ヘッドライトユニットを戻す前にスピードメーターケーブルはちゃんと挿しておきました。

 

f:id:gan_jiro:20130420125806j:plain

 

仮組みしたところで、インジケーター類の点灯チェックです。OKです。

 

f:id:gan_jiro:20130420130055j:plain

 

新旧を比較してみます。新しい方にはメッキリングがついています。

 

f:id:gan_jiro:20130420130114j:plain

 

ヘッドライトを元に戻して、交換完了。作業時間は実質30分ほど。少し走って動作確認してみましたが、スピードとタコの比率も体感的には正しいように思います。というわけでスピード、タコメーターは問題なく動作しましたが・・・水温計が動かない。カバーを外し、中を見てみても、配線には問題なさそう。水温計の針を手で動かし、離してみるとゆっくり戻る。イグニッションを入れると戻るスピードが速くなる。つまり、電気はきちんと流れていると言うこと。針の動く向きとか角度がおかしいのか?・・・とりあえずしばらく様子を見ようかと思っています。様子を見て直るとは思えませんが(^_^;。

 

あとは、暗くなってから光軸を調整するだけです。でも、雨が降ってるから明日になるかな。

 

※追記('13.4.30)

 

ヘッドライトユニットは、メーターを交換するだけなら外す必要はありませんでした。スピードメーターケーブルを抜くのがやりやすくなるくらいでした。

 

結局、水温計は旧メ-タ-のものを移植しました。今のところ、正常に作動しています。