読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼天快走記 ~青のトランザルプとリトルカブ90改~

XL650Vトランザルプ・N-ONE・リトルカブ90改が主役のブログです。写真で旅を記録していきます。過去のバイクは、アヴェニス、CBX125Custom、VTR250、CB400SF、スーパーカブ90カスタム、ジェベル125です。

ホンダ N-ONE試乗(契約)してきました(追記:2013/05/26)

N-ONE

今日、買い換えを検討しているためホンダN-ONEを試乗してきました。グレードはプレミアムのツアラー(ターボ)。カラーはプレミアムブルームーン・パール。

 

 

発売当初にも試乗はしたのですが、その時は買い換えを全く考えていなかったためなんとなーく走って長男とも運転を替わりながらだったので、その時の印象はあまりよく覚えていませんでした。

 

で。まずエンジン。自分の今の愛車であるアコードユーロRとはくらべるべくもありませんが、しかしターボを感じさせない自然なフィーリングでトルクが立ち上がっていきます。嫁の車であるフリードよりも力強い印象。ここで気がつきましたが、走行モードが燃費優先のエコモードになっています。そこで、エコモードを解除してみました。すると、立ち上がりからピックアップが良くなり、さらに力強く感じられます。ややエンジン音も勇ましいですが、気になるほどではない。ホンダはこのあたり、わざと音を聞かせてるのかな?とも思います。

 

しばらく走ってエコモードに戻し、ディーラーに向かいます。すると、定速走行に入ってからの再加速の時、アクセルに対する反応がややマイルド。ここは違いがはっきり体感できるところでしょうか。

 

ツアラーにはスタビライザーが入っているとのことですが、コーナーリングや急なレーンチェンジを試したわけではないので、その効果ははっきりわかりませんでした。しかし、今回走った範囲では非常にしっかりした足回りであるとの印象です。ただ、背が高く、おそらく重心も高いと思われるため、急なハンドル操作ではどうなるか?まぁ、そんな走り方をする車ではないでしょうが・・・。

 

さて、実際に買うとなるとプレミアムはフェイスがごてごてしているところが気に入らず、候補から外れそうです。内装はスタンダードモデルより落ち着いてるんですが、決定的に違うとまでは思えません。ということになれば、パワーの面からターボモデル(スタビライザーも入っている)、外観の好みからスタンダードということでツアラーというグレードに落ち着きそうです。あとは色ですが、プレミアムイエロー・パールかイノセントブルー・メタリック。イエローが最も好みですが、「プレミアムカラー」のため35000円高・・・。

 

 

 

追記:

というわけで、ツアラーのプレミアムイエロー・パールを契約してきました。ブラックインテリアは諦め、オーディオレス、フロアマット、無限のバイザーという最低限のオプションで。イノセントブルー・メタリックのツートンも魅力的でしたが、イエローがやっぱり欲しかったのです。

 

Lパッケージにしなかったのは、パドルシフトは欲しかったのですが、クルーズコントロール、アルミは要らなかったので14万円アップはとても選べませんでした。サイドカーテンエアバッグの安全装備にはお金をけちりたくありませんでしたが、要らないオプションが多すぎる・・・。

せめて、LパッケージはノンターボのGと同じ内容にして、Sパッケージとしてパドルシフト、クルーズコントロール、アルミホイールを付けるとかにできなかったんですかね。で、LSパッケージとして両方ついたものを選べば割安になるとか。ここら辺、ホンダのオプション戦略は納得いかない部分があるなぁ。

 

オーディオは、ネットでケンウッドのDPX-U70という2DINサイズのものを購入しました。これをディーラーにて取り付けをサービスしてもらうことになりました。曲名が日本語表示、USB、前面AUX対応などの条件で探し、はじめは1DINサイズのものを考えていたのですが、これが旧モデルということで安くなっていたのでこの機種に決定しました。音質などはまだわかりませんが、いずれレポートしたいと思います。

 

それはともかく、納車予定は7月はじめとのこと。今から非常に楽しみです。