蒼天快走記 Pleasantly riding records under the blue sky

VFR800Xクロスランナー・バモスホビオが主役のブログです。写真で旅を記録していきます。過去のバイクは、アヴェニス、CBX125Custom、VTR250、CB400SF、スーパーカブ90カスタム、ジェベル125です。

バイクで(ほぼ)登頂できる!四国/瀬戸内の山 香川を除く実走編

続けて天気の良い土日に、バイクで出かけられなくてぐったりしているがんちゃんです。

 

前回の記事に続けて、今度は香川県以外で実走済みの山頂まで行ける山をご紹介していきます。前回同様(1)快走度/気持ちよく走れるか、(2)絶景度/何はともあれ絶景が見られるか、(3)愛車撮影度/その絶景は愛車とともに写真が撮れるのか、(4)酷道険道度/どのくらい酷(楽し)い道なのか、(5)それらを総合的に評価してのお勧め度を星の数で評価していきます。

 

1.中津明神山

 自分が知る限り、四国の一般道で山頂まで到達できる山としては最も標高が高い(ただし、山頂でなければ瓶ヶ森林道の方が高い場所がある)。山頂に至る道は細くタイトなワインディングで、路面状態も良くない。しかし、各所で眺望が素晴らしく、山頂およびその近辺から見える「天空の林道」は何物にも代えがたい絶景。上がり口にある中津渓谷も、流れが非常に美しい。酷道がクリアできるなら一度は訪れて欲しい。超お勧め。

f:id:gan_jiro:20200202111408p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆☆

 

 2.梶ヶ森

 ここも標高1400mの独立峰頂上まで上がれ、かなりの達成感が味わえる。頂上直下にキャンプ場と山荘があり、宿泊し山荘併設の天文台を利用して星空の観測も楽しめる。すぐ近くの真名井の滝では冬季には氷瀑も見られるとか。頂上から望む絶景も素晴らしく、上がってくる途中でもあちこちで景色が開けている。周辺では棚田が多く、季節ごとに移り変わる景観も素晴らしい。難点は中津明神山と同じくアプローチする道路が細く、タイトなコーナーが続く上に路面の状態も良くない。相当の覚悟を持って登って欲しいが、それだけの価値はある。

f:id:gan_jiro:20200202130548p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆☆

 

3.塩塚峰

 家族で遊びに行ける塩塚高原の最高峰。山頂付近は牧草地帯であり、開けた草原に延びる道路がなかなかの景観を作り出している。石灰岩はないが、規模の小さい四国カルストのような雰囲気。キャンプ場があり、食事ができるセンターハウスもあるのですごく山奥に来た、みたいな感じはあまりしない。とはいえ、それなりに達成感のあるツーリングができるので、こちらもおすすめしたい。ちなみに、こちらのセンターハウスでもあの「霧の森大福」が購入できる。

f:id:gan_jiro:20200202131515p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆

 

4.旭ヶ丸(大川原高原)

 ツーリングライダーの間では大川原高原で知られているが、その高原地帯の最高峰。牧場があり、山頂付近は(たぶん)草原地帯になっており、景観も抜群。売店で売っているソフトクリームは牧場関係だけあってクリーミーで美味しい。尾根伝いに発電用風車が並び、それも独特の景観を作り出すのに一役買っている。愛車の撮影ポイントも多数あり、フォトライダーにも嬉しいスポット。

f:id:gan_jiro:20200202132827p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

 

(1)快 走 度☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆

 

5.水の丸

 徳島県東みよし町のスカイスポーツサイトがあるピーク。独立峰ではないようで、山としての名前は見つけられない。しかし、標高は1000mを超え、晴れていれば瀬戸内海まで見渡すことができ、見晴らしは非常に良い。アクセスできる経路はいくつかあるが、どれを選んでも酷道険道だらけで、良いところではあるがマニア(なんの?)向け。

f:id:gan_jiro:20200202134442p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆

 

6.三頭山

 徳島県美馬市のこちらもスカイスポーツサイト。阿讃中央広域農道というまずまずの快走路からアプローチできる。山頂までバイクで入ることができるが、最後の20m?ほどが傾斜もきつめで結構荒れたダートになっていて、軽量なオフロードバイクでないと難しい。だが、景色は非常に良く、行ける人は是非行ってみて欲しい。大型オンロードでも山頂直下までは問題なく行ける。

f:id:gan_jiro:20200202135341p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆

 

7.落合峠

 ここは山ではないが、峠としては四国最高標高(1520m)で、絶景も最高なので入れさせてもらった。自分的にもかなりお気に入りで、何度も訪れている。どの季節(冬は知らないけど)も最高で、特に紅葉の頃は落合集落に降りていく道路沿いが素晴らしい。ここもどのルートからアプローチしても厳しい道(あの与作酷道からも行ける)ばかりなので、万人にはお勧めできないが、行ける人は行くべきだろう。

f:id:gan_jiro:20200202140851p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆

 

8.亀老山

 しまなみ海道の大島から来島海峡を一望できる公園がある。道路の整備状況も良くアプローチも容易。しまなみ海道はどこも絶景だが、その中でもここは最高に近い一押しスポット。

f:id:gan_jiro:20200202142131p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆☆

 

9.金甲山

 岡山県児島半島にある金甲山。瀬戸大橋などが一望できる展望台がある。なかなかタイトなワインディングで、ルート的には楽しいが、路面状態は良くない。2020年1月現在道路崩落のため通行止め。

f:id:gan_jiro:20200202154722p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆

 

10.遙照山

 岡山県浅口郡。頂上付近にスポーツ公園や展望台がある。瀬戸内海がかなり広い範囲で一望できる。宿泊施設やレストラン、温泉などもあり、便利なスポット。山の名前はわからないが近くに天文博物館などがあり、そこもほぼ頂上で、なかなか楽しいところが多い。意外におすすめ。

f:id:gan_jiro:20200202155426p:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆

 

11.源氏ヶ駄馬(四国カルスト大野ヶ原)

 四国カルストの西の端、大野ヶ原にあるピーク。四国百名山にも数えられる名峰…らしい。四国カルスト自体が連峰みたいなもので、公園縦断線はいくつかのピーク付近を通っているので、カルストを走れば山頂に到達しているようなものだ。山岳地帯なので、アプローチにはそれなりに厳しい部分もあるが、普通に問題なく到達できるし、公園縦断線は絶景が続く快走路だ。f:id:gan_jiro:20170520121155j:plain

gan-jiro.hatenablog.com

(1)快 走 度☆☆☆☆

(2)絶 景 度☆☆☆☆☆

(3)愛車撮影度☆☆☆☆☆

(4)酷道険道度☆☆☆☆

(5)おすすめ度☆☆☆☆☆

 

というわけで、登頂できる山・実走県外編をお届けしました。次回は登頂できそうなので目をつけているところをご紹介していきます。お楽しみに(≧∇≦*)

 

ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村


バイクランキング