読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼天快走記 ~青のトランザルプとジェベル125~

XL650Vトランザルプ・N-ONE・ジェベル125が主役のブログです。写真で旅を記録していきます。過去のバイクは、アヴェニス、CBX125Custom、VTR250、CB400SF、リトルカブ90改、スーパーカブ90カスタムです。

丹後半島ツーリング '12.9.16

CB400SF ツーリング 関西

今回から、こちらのブログはほかでやっているブログとは文章のトーンを変えてやっていきたいと思います。あっちでは堅い話が多いので、それに合わせた文章でバイク記事もやっていましたが、こちらではもう少し緩くやっていきたいと思っています。

 

去る平成24年9月16日(日)に丹後半島ツーリングに行ってきた。Twitterで相互フォローのrider_kiyoさんとひょんな事から盛り上がり、そこから企画されたツーリングでした。いろいろ楽しかったのですが、都合で写真を紹介するだけの簡単なエントリーにさせてもらいます。

 

f:id:gan_jiro:20120916081130j:plain

阪神高速神戸線、白川PA。舞鶴へ行くのに、ここを通るのが最短ではないかもしれませんが、道路としてはこの阪神高速神戸線が好きだったのと、六甲北有料道路を走ったことがなかったので、そっちから中国自動車道を目指す、というルートにしたわけです。

 

f:id:gan_jiro:20120916115809j:plain

天橋立です。傘松公園からの景色です。お約束で股のぞきもやりました(笑)。

 

f:id:gan_jiro:20120916144441j:plain

伊根漁港です。舟屋という家からいきなり海に出て行ける構造になっている建物が面白いです。

 

f:id:gan_jiro:20120916154336j:plain

道の駅てんきてんき丹後で飲んだマスカットサイダー。少しマスカットの風味はありますが、やや甘めの普通のサイダーでした(笑)。

 

さて、写真はここまでです。実はこの後ひどい目に遭って、それどころではなくなりました。

 

実は、Googleマップの指示どおりまっすぐさがって山陽自動車道に出て、瀬戸大橋経由で帰れば良かったものを高速道路をより多く使える舞鶴自動車道ルートを帰れば早いかと思い、いったん舞鶴まで帰りました。そこから行きに通ったようなルートで帰ったのですが、中国自動車道で渋滞に巻き込まれ、そこで時間を食ってしまったのが運の尽き。明石海峡大橋を渡ったところまでは順調で、道路情報でも特に問題は無い・・・はずでした。ところが、淡路島に渡ってから大鳴門橋が強風のため二輪通行止めになり、そこで足止めを食らってしまいました。神戸に戻ろうにももうすっかり暗くなった上に強風の中を明石海峡大橋を渡るのも考え物で、結局淡路島で一晩明かすことにしました。しかし、ホテルはどこも満室、風雨の中を走り回ったもののネットカフェも24時間営業しておらず。結局24時間営業のマクドナルドに飛び込み、そこで雨の収まるのを待って、明るくなってから出発となりました。

しかしそれでも大鳴門橋の二輪通行止めは継続されており、また天気予報からもその日のうちに通行止めが解消されるとも思えず、結局明石海峡大橋を渡り直し、山陽自動車道で岡山へでて、瀬戸大橋経由で帰宅となりました。とにかく無事帰宅すること、それだけを考えてSAごとに休憩を取り、ペースも80~90kmに抑えてひたすら安全運転で昼前に帰宅できました。

 

当初予定では走行距離700km弱だったのですが、結局帰ってから集計してみると1000kmに及ぶ超弾丸ツーリングとなったわけです。よくぞ無事帰ってこれたもんです。これもCB400SFというバイクの完成度が高いおかげです。それに普段から身体を鍛えて体力を落とさないようがんばってきたのも良かったのでしょう。

 

もし、また本州へ渡るツーリングをすることがあったら、これを教訓に鳴門海峡の風の強さは天気予報等で情報収集を欠かさないようにしないと・・・。それに、アカンとなったらすぐに引き返す勇気も必要ですね。