読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼天快走記 ~青のトランザルプとジェベル125~

XL650Vトランザルプ・N-ONE・ジェベル125が主役のブログです。写真で旅を記録していきます。過去のバイクは、アヴェニス、CBX125Custom、VTR250、CB400SF、リトルカブ90改、スーパーカブ90カスタムです。

トランザルプの惨状(泣) そしてジェベル売るかも?

トランザルプ650V メンテナンス・カスタマイズ Nexus6p

さて、衝撃のタイトル(笑)ですが、何がどうなったかというと・・・。

f:id:gan_jiro:20170222172633j:plain

ででーん(T-T)。

誰が、とは言いませんが、入院中にバイクの移動をお願いしていたら立ちゴケいたしまして、このようなことに。クラッシュバーがついているので、普通ならカウルが割れることなどはあり得ませんが、こかしたところに狙い澄ましたかのようにガレージの柱がありまして、これまた狙ったかのようにクラッシュバーを裂けて倒れてくれたのでした・・・。いや、トランザルプは動かさなくていい、と言っていたんですけど。

 

f:id:gan_jiro:20170222172918j:plain

カウルは交換しようにも国内にパーツの在庫なんてありませんのでね、なんとしてでも補修しますがスクリーンは使い物になりません(;´Д`)。で、純正より遙かに安いので、パーツメーカーのロングスクリーンを通販で注文しました。

item.rakuten.co.jp

 

f:id:gan_jiro:20170222173359j:plain

正面から見るとこんな感じです。車体強度には影響がないので、プラリペアかエポキシで補強すればなんとかなりそうです。で、傷の上からモンスターエナジーのステッカーでも貼ってやりますかね(笑)

 

f:id:gan_jiro:20170222174836j:plain

(クソコラ)貼ってみました(爆)。想像通り傷隠しにはぴったり╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 

 

さて、ジェベルですが、次女が二輪免許取るかも、ってことで置き場所の関係で売るかもしれませんジェベルは古すぎて初心者向きではないし、小柄な次女には足つきも心配です。ってことで・・・。退院後、写真撮影のため初めてバイクにちゃんと乗りました。

f:id:gan_jiro:20170222175115j:plain

f:id:gan_jiro:20170219155327j:plain

f:id:gan_jiro:20170222175205j:plain

前輪がやや減っていること、アイドリングがやや不調なこと、フォークブーツがへたっていることを除けば走る曲がる止まるに全く問題はありません。ヘッドライトバルブがLEDになっていて、GIVIのスクリーンがついているので、なかなかいいと思います。トップケースは一応外して売るつもりです。

 

上の写真撮影時の走行距離:10km

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

棺桶に片足突っ込んで来ました…

健康 コピ(猫)

この文章を書いている時点で、入院中のがんちゃんです(爆)。というわけで、今回は文字ばっかりです。

というわけで、自分用の記録として、また同世代の方へ決して油断することの無いようお願いとして、記事にすることにしました。

ある日の深夜の出来事。その日は前々日から調子が悪く、すぐ息切れして、毎日の筋トレにも支障が出てきていた。お風呂に入っていて気分が悪くなったものの、少し休んでいれば回復したのでいつものようにTwitterの未読を処理して、体重管理のExcelに記録して、就寝したのでした。

しかし、何故か布団の中で身体が温まらない。おかしいなと思っていると、胸骨から左の肋骨にかけて強めの胸痛に襲われた。一度目の胸痛はしばらく我慢してると治まったので、肋間神経痛が出たのかな、これで眠れるとホッとしたのもつかの間、今度はさらに強い胸痛。しかもいつまで経っても治まらない。これはまずい!そう感じてとなりに寝ていた嫁さんをあわてて起こした。
「胸が痛い、救急車を…」
嫁もびっくりしてすぐに119番通報。もし、本当に肋間神経痛だったのなら笑い話にすればいい、そうでなかったらシャレにならん…

やはりびっくりして起きてきた次女に支えられ、階段を下りる。直ぐに遠くからサイレンが響いてきた。ありがたい…救急隊員の方に診てもらえれば楽になれるかな?何かとりあえずの処置をしてくれるかな?そう期待したのもつかの間、寒い中胸をはだけて心電図を取り付け、空気の冷たさが辛い。その間に別の隊員さんが心臓外科のある病院に当たってくれている。病院が決まるとすぐに出発。子供たちもいるため、嫁は同乗は出来ない。それにしても、119番通報してから30分経ってないと思う。この辺は運が良かった。いや、このくらいが普通なのか?

15分ほどで病院に到着。警備員らしき人の顔が見える。その後ろから看護師さんが顔を出し、救急隊員からなにやら聞き取りながらストレッチャーを押している?天井ばかり見ているので、病院内のどこをどう移動したのか全くわからない。処置室?に入り、当直の心臓外科の先生の診察を受ける。なにを聞かれたかは覚えていない。ともかく、胸部エコーを見て、
心筋梗塞の可能性が非常に高いです。直ちにカテーテルによる…」
このあとは聞き取れなかったか記憶にないのか定かではない。その間、看護師さんは何人かのお医者さんに電話をかけている様子だった。

手術室に入る。何人かのお医者さんがいる様子。このとき着ていたパジャマははぎ取られ、手術着?にかえられた(記憶が曖昧)。パンツも脱がされ、オムツを当てられた上、尿管カテーテルを突っ込まれる。これが痛いとともに非常に気持ち悪かった。突っ込んでしまえばそれほど痛みはない。
手首に麻酔し、小さく切開して動脈にカテーテルを挿入。外部からもレントゲンを当てながらたくさんのモニターで見て慎重に進めているようだ。お医者さん同士の会話は聞き取りにくく、専門用語もあってほとんど理解できない。(ここからしばらく伝聞)比較的早く冠動脈の閉塞部位を発見、直ちにカテーテル先端のバルーンで広げてステント(微細な金網で広げた血管を支えるもの)を患部に挿入、直ちにカテーテルを抜く。切開部には空気で傷口を圧迫して止血するバンドを装着。そのまま移動用のベッドに乗せられ集中治療室へ。

ストレッチャー(?)に乗せられたまま、手術室から集中治療室へ移動する間、看護師さんが何か話しかけてきてくれる。どこをどう移動したのかはほとんどわからない。
「良かったですね、上手くいって。10人に1人くらいはどうにもならなくて亡くなる方もおられて・・・」
え?手術が成功したからそういうこというのかな?成功したって言ったってビビるよ!とはいえ、夢うつつだったので幻聴だったかもしれない・・・。

集中治療室では2~3個の点滴を付けられる。無線式の心電図の電極も取り付け。尿管カテーテルもあって寝返りが打ちにくく、ほぼ仰向けで寝ていたため腰が痛くてたまらない。時々、看護師さんが止血バンドの空気を抜いたり、尿管カテーテルから出たものの量を計って捨てたりしてくれる。そのままで丸二日過ごすことになりそう、と言われて暗澹たる気持ちになる。ところが、たまたまリハビリの先生が居たため、状態を診てもらった上で集中治療室で過ごすのは丸一日で済むことになった。しかも状態が良かったからからか、自分の足で歩いていって良いことになった。つまり、発症した日の深夜に搬送され、手術後集中治療室へ入り、翌朝から一昼夜で一般病棟へ移れることになった。ラッキーである(笑)。しかも、この日の晩御飯から食事が出ることになった。節分近いからか、巻きずしだった(笑)

集中治療室から出る日、朝からリハビリの先生が来てくれる。リハビリのメニュー等について説明を受ける。手術着からパジャマに着替え、オムツも外してパンツを履かせてもらう。尿管カテーテルは出る直前に抜くという。またあのいやな感触を味わうのかと思うと…( ;´Д`)

朝食を取り、しばらくして尿管カテーテルを抜いてもらう。気持ち悪かったが、挿入時と違って短時間だったのでホッとする。リハビリの先生に指導されながら点滴の台を押し、ゆっくり歩いて移動、一般病棟の病室へ。程なくして点滴もなくなり、心電図の電極だけになる。これでようやく普通に寝られる…なんという喜びか…(笑)

で、この行を書いている時点でさらに一晩明けました。早く帰って自分のベッドでゆっくり寝たい。家族とご飯が食べたい。ネコをモフりたい。バイク乗りたい~!
f:id:gan_jiro:20170203221202j:plain

今年初プチツー いつも走るところでお気に入りを新規開拓 ~庵治竜王山からの瀬戸内海~

HX60V Nexus6p コピ(猫) ジャンプ ツーリング リトルカブ 海道

ぼよよ~ん(爆)f:id:gan_jiro:20170128114622j:plain

というわけで、遅まきながら今年初ジャンプ・・・ですがアングルとタイミングが悪くて低い(;´Д`)。ここは庵治の舟隠しというところで源平合戦の屋島の戦いがあったとき、平氏の水軍が船を隠したところと言われているあたりです。

www.my-kagawa.jp

 

f:id:gan_jiro:20170128102110j:plain

つーわけで、時系列が前後しますが、この日は朝からリトルカブの洗車、ワックス掛け、トップケースの取り付けを行っていたのでした(^o^)。さて、準備播但自動車道というわけで(関西人にしかわからないネタ)、プチツーに出発です!

 

f:id:gan_jiro:20170128115443j:plain

ジャンプした場所はこんな風になっていて、真ん中に穴が開いている船着き場みたいなところでした。なんでこんな風になっているのかはわかりません(笑)

 

f:id:gan_jiro:20170128115324j:plain

後方に謎の四阿(あずまや)みたいなのがあったので、アップにしてみました。

 

f:id:gan_jiro:20170128115853j:plain

f:id:gan_jiro:20170128115950j:plain

良い天気で、気持ちいいです(*´ェ`*)

 

f:id:gan_jiro:20170128121819j:plain

那須与一が平家の掲げた扇を弓で射落としたときに、祈りを捧げた岩だそうです。なんでこんなところに?(^0^;)

 

f:id:gan_jiro:20170128124734j:plain

とある池の堰堤で、水仙が綺麗に咲いていました

 

f:id:gan_jiro:20170128125016j:plain

同じ堰堤に布袋様。なぜか池にそっぽを向いています。海を見ているのかな?

 

f:id:gan_jiro:20170128130537j:plain

庵治竜王山公園にやってきました。ここは車両進入禁止なので、エンジンを止めて押して上がってきました。しんどかった・・・(;´Д`)

 

f:id:gan_jiro:20170128130643j:plain

遠く小豆島まで見通せて、気持ちいい(^o^)

 

f:id:gan_jiro:20170128130129j:plain

パノラマで撮ると、こんな感じです\(^o^)/

 

f:id:gan_jiro:20170128132855j:plain

さすがに庵治は石の町だけあって、看板も立派な庵治石です( ^o^)ノ

 

f:id:gan_jiro:20170128133750j:plain

砂浜に出てみました。オフロード車ではありませんが、軽量なリトルカブなら楽々です(^o^)

 

f:id:gan_jiro:20170128134958j:plain

四国の最北端近くにやってきました。竹居岬と言うところに最北端の碑が建っていますが、地図で確認するとこちらというか、バックに見えている石積みの突堤の方がより最北端に近いようです。

 

f:id:gan_jiro:20170128135151j:plain

角度を変えると小豆島が見えます。こうすると近く見えますね(^_^)/

 

f:id:gan_jiro:20170128135955j:plain

海岸沿いをいろいろ走ってみます。ここはどこでしょう?(^0^;)

 

f:id:gan_jiro:20170128140624j:plain

何度か来ているセカチュー(何年前だ?)の防波堤です。

 

f:id:gan_jiro:20170128140652j:plain

角度を変えると五剣山が見えます。

 

f:id:gan_jiro:20170128140908j:plain

反対側は、こんな入り江です。

 

f:id:gan_jiro:20170128141454j:plain

才田大灯籠です。トランザルプでもここで写真を撮っています。あのときは結構苦労しましたが、リトルカブだと楽勝ですねえ(笑)

blogs.yahoo.co.jp

 

f:id:gan_jiro:20170128143601j:plain

屋島の外周を走ります。菜の花畑を見つけたので、写真を撮らせてもらいましょう(*^_^*)

 

f:id:gan_jiro:20170128144154j:plain

沖をジャンボフェリーが通りがかったので、記念撮影です\(^o^)/

 

f:id:gan_jiro:20170128144830j:plain

さて、屋島の突端へ道なき道(と言うほどでもない)を爆走です(笑)

 

f:id:gan_jiro:20170128145231j:plain

屋島突端までやってきました。ジェベルでもこんな写真を撮ってますね(^o^)。では、あとは本屋さんに立ち寄って帰りましょう!

 

f:id:gan_jiro:20170128151757j:plain

本屋さんの屋上から見えた高松の市街地です( ^o^)ノ。ビル全体が本屋さんになっているところがあるのです。

 

というわけで、好天に恵まれ気持ちよく走れた一日でした。リトルカブはエンジンも絶好調で、久しぶりのカブツーリングはメッチャ楽しかったです!!!

 

本日の走行距離:およそ80km?

 

おまけ:

f:id:gan_jiro:20170128185502j:plain

コピ氏、ベランダパトロール中。

 

f:id:gan_jiro:20170127185123j:plain

とーちゃんにとっ捕まってご不満そうなコピ氏

 

 f:id:gan_jiro:20170126175328j:plain

とある日、とある場所の夕景。グラデーションが綺麗でした(^o^)

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

リトルカブ90改 復活!!そして素人修理が裏目に(;´Д`) 追記あり

メンテナンス・カスタマイズ Nexus6p コピ(猫)

新年明けまして初めての記事です。もうおめでとうでもないですね(笑)。しかも初走りではなく、大阪から帰ってきた長男のリトルカブネタです。本当はこの整備をした日は、mixiの友人とツーリングの予定だったんですが、雨で中止に・・・(T-T)

 

f:id:gan_jiro:20170109094812j:plain

長男が原付二種を2台も持っていても仕方ない(もう1台はホンダのグロム)、とのことでこのリトルカブ90改を持って帰ってきました。で、いきなりこれです。バイト先で、風で倒れてこうなったとのことです。

 

f:id:gan_jiro:20170108184642j:plain

で、こんな物を入手しました。色違いなので、赤く塗るか、あえてこのまま行くか。

 

f:id:gan_jiro:20170109110444j:plain

おお、なんかこの配色、ジャンボーグナインみたいやん?と言うわけで、このまま行くことになりました(爆)。レッドマンの方が近いかな?

dic.nicovideo.jp

 

 

f:id:gan_jiro:20170109105705j:plain

とりあえず上半分のカバーを外し、メーター、ヘッドライトなどを外します

 

f:id:gan_jiro:20170109114241j:plain

ここまで来ました。いろんな配線を外しましたが、元に戻せるんでしょうか?(;゚ロ゚)

 

f:id:gan_jiro:20170109115307j:plain

いろんな配線やケーブル類を新しいカバーに通さなければいけないので、ハンドルも外します。

 

f:id:gan_jiro:20170109135238j:plain

配線を繋ぎ直し、投火類の点灯を確認するためカバーをつけて仮組みします。

 

f:id:gan_jiro:20170109135609j:plain

f:id:gan_jiro:20170109135924j:plain

ヘッドライトを組み、上側のカバーにメーターを取り付けます。んが!ここで取り返しのつかないトラブルが!(;´Д`)

 

 

f:id:gan_jiro:20170109224130j:plain

この、赤丸の部分がスピードメーターケーブルなんですが、このケーブルをメーターに固定するナットがケーブルが通って出てきている穴に落ち込んでしまいました。僕にはサルベージするすべが思いつきません・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

仕方ないので、とりあえず差し込んでおきました。固定できてないから、いつはずれるかわかりません(^0^;)

来週、時間があればケーブルを完全に外してみて、出てくるかどうか確かめてみたいと思ってはいますが、さて。

 

f:id:gan_jiro:20170109225034j:plain

そういう半端な状態で、とりあえず組み上げました。試走してみると、メーターは動いてくれました。でも、ちょっと怖くて遠出はできませんね・・・。ネットでの情報と友人からのアドバイスでメーターケーブルのネジはサルベージできる見通しができました。この土曜日にでもやってみるかな?で、できれば試走だ!が、予報では雪・・・Σ(・ω・ノ)ノ

で、当の土曜日になりました。今のところ雪は降っていませんが、あまりに寒く、風が強いので今日は見送りとします。だって、屋内で整備できるスペースがないんだもん(T-T)。 

 

追記:

で、翌日昼過ぎから少しマシになってきたので修理を再開しました。ホイール側のケーブルを外し、引っ張り上げるとネジも戻ってきたので、スピードメーターは無事復帰しました。しかし、ワイヤーを固定してあるネジが固着しているのかどうしても回らず、アクセルワイヤーがどうしても外せなかったので・・・

f:id:gan_jiro:20170115164330j:plain

本来通すべき穴はこの銀色の部分にあるところなんですが、ワイヤーを外さないことにはここを通せないので、仕方なくレッグシールドに穴を開けてそこを通しました。不細工ですが、仕方ないですね・・・。ともあれ、これで安心して走れるので、来週にはコイツでお出かけしてみたいところです。

 

おまけ:

f:id:gan_jiro:20170109143721j:plain

これ、落ち着く寝床♪

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

2016走り納め、そしてコピ(猫)

HX60V Nexus6p トランザルプ650V コピ(猫) ジャンプ ダム ツーリング

はい、2016年もいよいよ差し迫って参りまして、恒例のボクシング世界タイトルマッチが楽しみながんちゃんです。ってなんで同じ時間帯に違う局でタイトルマッチやるかね?両方リアルタイムで見られへんやん・・・。

 

f:id:gan_jiro:20161231134216j:plain

はともかく、わずかな時間ですが走って参りましたよ、と。とあるため池でいきなりジャンプからです。空中土俵入り。どすこーい(爆)

 

f:id:gan_jiro:20161231140449j:plain

前々から気づいていながらなかなか行けなかった河原に降りて記念撮影です。日が当たるところは暖かいですが、日陰は寒いですね:(;゙゚'ω゚'):

 

f:id:gan_jiro:20161231143500j:plain

どこへ行こうかと考えて、トイレ休憩もかねて道の駅塩江からの内場ダムです。鴨?の群れがのんびりしています。見えるかな?

 

f:id:gan_jiro:20161231143218j:plain

走り納めなので、もう一回跳んでおきましょう(爆)。逆光で顔が見えませんね(^^ゞ

 

f:id:gan_jiro:20161231144350j:plain

f:id:gan_jiro:20161231144522j:plain

時々通りがかる沈下橋です。この季節は水が綺麗ですね。

 

本日の走行距離:およそ40km

 

おまけ: 

f:id:gan_jiro:20161231152643j:plain

出窓の窓際でひなたぼっこしているコピ

 

f:id:gan_jiro:20161231152935j:plain

今年も元気で1年過ごしてくれました。我が家に幸せを連れてきてくれてありがとうね、コピ(^o^)

 

と言うわけで、ブログ読者の皆様今年は1年遊んでいただき、ありがとうございました( *・ω・)*_ _))ペコ。来年もよろしくお願いします!

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

ジェベルにナックルガード装着! そしてコピ(ねこ)の腹 さらに夜景(カメラマンが経験不足) 追記:ナックルガードその後

ジェベル コピ(猫) メンテナンス・カスタマイズ トランザルプ650V 夜景

本格的な冬がやって参りまして、手元の寒さ対策には電熱グローブを使用しているわけですが、ナックルガードのあるトランザルプとないジェベルでは少し手の冷たさが違うような・・・というわけで、ネット通販で格安の汎用ナックルガードをポチったわけです。

 

f:id:gan_jiro:20161224132414j:plain

で、届いたもののすべてです。もちろん箱には入っていましたが、取説も何もなし。購入したサイトに写真で取り付けが説明されていただけですので、そのサイトを開いて参考にしますが、まぁざっと読めばなんとかなる感じです(笑)

 

f:id:gan_jiro:20161224134332j:plain

暖かい室内で少しでも作業を進めておこうと本体とクランプをねじ止めしてみますが、本体側とクランプ側で微妙に穴がずれててねじ込みにくいことこの上ないし、しかも片側のふさがったナットの深さが足りず、最後まで締まらない(爆)。仕方がないので、ストックしておいたナットの中から合うものを探してつけることにします。

 

f:id:gan_jiro:20161224140006j:plain

さて、まずは左から。ミラーステーの右側にクランプを取り付けようとしたんですが、これだと右より過ぎてナックルガードからクラッチレバーがかなりはみ出します。さてどうする?

 

f:id:gan_jiro:20161224140153j:plain

こうなりました。ミラーを移動させ、ステーとスイッチボックスの間にクランプを噛ますことに。しかし、ミラーのステーとクラッチバーブラケットが一体になっているため、クラッチレバーも右へ移動します。握るのは問題なくできたんですが、クラッチを切ったときにグリップに干渉するようになってしまいました・・・。操作には問題ないですが、少し握りにくくなりました(^0^;)。右側はスペースの関係でグリップとスイッチボックスの間になりました。

 

f:id:gan_jiro:20161224142604j:plain

途中経過を撮り忘れました(^0^;)。こんな感じに取り付けです。

 

f:id:gan_jiro:20161224142620j:plain

全体像はこうなりました。ここから、風の当たり具合やクラッチ、ブレーキの操作に支障が出ないように高さなどを微調整していきます。ちゃんとした試乗は明日以降に・・・。

 

おまけ:

f:id:gan_jiro:20161224090548j:plain

今日もベランダのパトロールに余念がないコピ。

 

f:id:gan_jiro:20161224090516j:plain

この、細い手すりの上にも上手に乗れ・・・その腹はなんだ!:(;゙゚'ω゚'):

 

おまけ2:

f:id:gan_jiro:20161225175341j:plain

市街地がよく見えるところをこないだ見つけたので、暗くなってから行ってみましたもう少し明るい方が良いかなぁ・・・もっと良く確認したら良かった。寒かったのでささっと撤収してきたのです(^◇^;)

 

f:id:gan_jiro:20161225175639j:plain

バイクも入れてみましたが、ほとんど見えませんね(;´Д`)。なんか光源を持って行くかオート任せにせず、いろいろやってみるべきかなぁ。って帰って確認してみたらいつの間にか露出補正で暗くしてました・・・ちゃんと確認せえよ、わし。

 

追記:2017.01.07

 

f:id:gan_jiro:20170105081954j:plain

さて、取り付けたナックルガードですが、取り付け後の走行初日折れました(爆)。ステーと本体を止めたねじのところからぽっきりと。通勤のため、走っていたら妙にぐらぐらするので止まろうとするとポロンと落ちるじゃないですか。慌ててひっつかみ、路肩に止まってトップケースに放り込み、職場に着いてから見てみると・・・ネジの締めすぎ?ううむ、皆さんも1000円前後の安いのにはお気をつけください。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

瀬戸内離島紀行 ~塩飽諸島・さぬき広島バイクツーリングガイド~

ジェベル Nexus6p HX60V ジャンプ ツーリング 海道 離島

さて、先日ツーリングへ行ってきたわけですが、明るいうちに帰ってこられるところで珍しいところ、と考えたあげく瀬戸内海にたくさんある離島に行ったらどうだ、と思いついたわけです。そうはいってもフェリーの便がある程度本数があるところ、それなりに走れる広さがあるところ、をいろいろ検討した結果、小豆島、豊島はバイクで行ったことがあるので(また行きたいけど)、直島、本島、広島(県じゃないよ)、粟島などが候補に挙がりました。この中で、広島については塩飽諸島で最も広い島にも関わらず、ネットを掘ってみてもバイクツーリングの情報はほぼ出てこない(当社比)こと、Googlemapのストリートビューすら全くないことからここに渡ってツーリングライダーの目線から記事を書き、ツーリングガイドになればと思って行き先を塩飽諸島の広島としたのでした(^o^)

 

f:id:gan_jiro:20161215090655j:plain

前置きが長くなりましたが(^^ゞ、午前9時台のフェリーに乗るべく丸亀港へやってきました。ここのところ、雨も多かったわけですがこの日は天気にも恵まれました(*n'∀')n バンザーイ

 

f:id:gan_jiro:20161215090558j:plain

切符を購入です。この日はフェリー代を安くあげるため、またどんな道か全くわからないためジェベルの出動です。なので、フェリー代は原付料金です( ^o^)ノ

 

f:id:gan_jiro:20161215091857j:plain

丸亀港から広島、手島、小手島などを巡るフェリーです。手島、小手島も景色としては興味がありますが、バイクではほとんど走れそうな道路がありません(^^ゞ。フェリーの車両甲板は僕が乗り込んだ時点ではがらんとしていましたので心配になりましたが、この後5~6台の車が乗り込みました。人は結構乗っていました。

 

f:id:gan_jiro:20161215093145j:plain

出港して、しばらくしたところです。デッキから瀬戸大橋の全景が観られました\(^o^)/

 

f:id:gan_jiro:20161215093250j:plain

良い角度で岩黒島橋櫃石島橋が見えました。その向こうに下津井瀬戸大橋も見えます。

 

f:id:gan_jiro:20161215094015j:plain

四国本土側を振り返ると、飯野山(讃岐富士)がシルエットになっていました。

 

f:id:gan_jiro:20161215095938j:plain

さて、45分ほどの船旅を終え、広島の江の浦港に到着です。どんな景色が待っていてくれるのでしょうか?*1わくわく♪

 

f:id:gan_jiro:20161215100019j:plain

防波堤ではたくさんのカモメとウミウが出迎えてくれました( ^o^)ノ

 

f:id:gan_jiro:20161215100613j:plain

カモメたちが休んでいたのとは反対側の防波堤です。

 

f:id:gan_jiro:20161215100923j:plain

早速ジャンプ!は良かったんですが、カメラを望遠にしてしまっていたようです(爆)

 

f:id:gan_jiro:20161215101031j:plain

で、角度も変えてやり直しです(爆)

 

f:id:gan_jiro:20161215101404j:plain

港の正面に、こういう観光案内の看板がありました。これを参考に島巡りをしてみましょう。

 

f:id:gan_jiro:20161215101806j:plain

早速、江の浦港近くの砂浜に出てみます。ところが、ここの砂は軽くて柔らかく、軽量のジェベルでも後輪が食い込んで上手く走れません。タイヤ痕で砂が大きくえぐれているのがわかるでしょうか?これでは海岸を荒らすだけでちっとも楽しめないので早々に撤退です。

 

f:id:gan_jiro:20161215102153j:plain

いろは石です。島出身の書道家、藤本玄幽の書を石に刻んでいろは順に島の各地においたものだそうです。しかし、ここのは最初の一文字目が読めません(;´Д`)

 

www.shiwaku-hiroshima.com

 

f:id:gan_jiro:20161215102705j:plain

釜の越というところで海に突き出た防波堤に来てみました。なんと、海に鴨がいます(*゚д゚*)

 

f:id:gan_jiro:20161215103000j:plain

その防波堤、先端近くが破損していて、これ以上先には進めませんでした。

 

f:id:gan_jiro:20161215103428j:plain

釜の越から甲路へ向かう海岸線を走ります。江の浦からここまで、海岸線沿いの道は広めの一車線あるいは所々二車線になっています。この島は石の産地でもあるようで、至る所に石切場が見られ、切り出した石で海に石垣が築かれているところもあります。

 

f:id:gan_jiro:20161215103406j:plain

その道すがら、タンカー(?)が通りがかりました。

 

f:id:gan_jiro:20161215105333j:plain

広島の海岸線には、こうやって海の際まで出られる場所が至る所にありました。腕が良ければ、もっと良い写真がたくさん撮れそうですが・・・(T-T)

 

f:id:gan_jiro:20161215104300j:plain

少し山手へ入って、山の神神社というところへやってきました。この上に石切場が見えたので、そこまで行きたかったのですが未舗装の上、土が水をたっぷり含んで滑って危なく、急傾斜でもあったのでこの少し上で引き返しました。

 

f:id:gan_jiro:20161215105019j:plain

こんな感じです。石切場と、鳥居のあるところから上がダートになっているのがわかるでしょうか?

 

f:id:gan_jiro:20161215110112j:plain

青木地区の厳島神社へやってきました。せっかくなので、ここでお参りしていきましょう(*>人<*)

 

f:id:gan_jiro:20161215111743j:plainf:id:gan_jiro:20161215111727j:plain

 茂浦港にやってきました。向こうには岡山県の水島工業地帯が見えます。港でもらったガイドマップを見ると、通り過ぎてしまった市井という集落には咸臨丸乗組員の墓というのがあるようで、見てきたら良かった(;´Д`)

 

f:id:gan_jiro:20161215112510j:plain

茂浦地区の集落でこういうシャッターアート(?)を見かけたのですが、ここまで島で見たねこは一匹だけ。なんやろ?と思っていたらひるねこプロジェクトというのをやっていて、この地区で民家を改装してゲストハウスをオープンしたそうです。もし、広島に興味を持っていただけて、島に泊まってみたいと思われる方は是非こちらを検討してみてはいかがでしょうか?夏なら海水浴にも良いですよ(^o^)

 

f:id:gan_jiro:20161215112824j:plain

茂浦地区から時計回りに海岸線を走ります。すると、こんな案内看板が!林道と書いてある以上、これは行ってみないわけにはいきません(爆)。

 

f:id:gan_jiro:20161215113149j:plain

この林道が島の東半分の海岸線を走る道で、結果としては大正解。ガイドマップによれば「広島のフロリダ」と呼ばれる茂浦の海岸が一望できました\(^o^)/

さきほどの分岐を山側に走っていれば島を縦断して江の浦港に戻ってしまうところでした。

 

f:id:gan_jiro:20161215114718j:plain

そして、四国本土が見えるあたりまでやってくると、青ノ山と飯野山が重なって見えるところがありました( ^o^)ノ

 

f:id:gan_jiro:20161215120125j:plain

で、もう一度跳んでおきます・・・が、変なポーズに(爆)

 

f:id:gan_jiro:20161215121024j:plain

f:id:gan_jiro:20161215121422j:plain

尾上邸へやってきました。すごい石垣ですね(*゚д゚*)。島の庄屋さんなのでしょうか?現在も住宅として使われているようで、外からの見学のみです。

 

f:id:gan_jiro:20161215122232j:plain

江の浦港の観光案内で見つけた山の神展望台です。茂浦地区から岡山の水島まで展望できます(*゚д゚*)ホー。

 

f:id:gan_jiro:20161215130111j:plain

江の浦港に戻ってきました。向こうに見えるのはジェベルでは乗れない客船ですね。

 

f:id:gan_jiro:20161215124416j:plain

事前のリサーチで、島では食べるところがないと言うことだったので、フェリーに乗る前に買ってあったコンビニおにぎりです。実際、島では食堂もお店も見つけられませんでした(良く探せばあるのかも?)。島の待合所でフェリーを待っている間にこれでお昼ご飯にします。なかなか美味しかったです(^o^)。

 

f:id:gan_jiro:20161215130155j:plain

フェリーが入港してきました。四国本土へ帰ります!

それにしても、広島は景色も良く、海岸線を周回する道もきちんと舗装されていて走りやすかったです。林道部分は落ち葉が多くやや滑りやすいところもありましたが、四国山中の酷道よりは全然ましでした!(爆)

 

f:id:gan_jiro:20161215134836j:plain

f:id:gan_jiro:20161215134851j:plain

丸亀港に帰ってきました。太助灯籠という、金比羅さんに参拝する人たちが入港する際の目印になっていた灯籠です。

www.shikoku.gr.jp

 

というわけで帰宅します。お疲れ様でした(≧▽≦)ノシ))

 

本日の走行距離:およそ100km(丸亀港までの往復含む)

 

 ↓ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

*1:o(*´∀`*)o