蒼天快走記 Pleasantly riding records under the blue sky

VFR800Xクロスランナー・セロー225・カブ110でのツーリング写真で、みんなのツーリング欲を刺激するブログです╭( ・ㅂ・)و ̑̑

瀬戸内離島紀行 豊島最高峰檀山をバイクで登頂&ちょっと小豆島ツーリング

自宅のキッチンリフォーム中で、何かと不便だけど、完成したときの嫁さんの喜ぶ顔が楽しみながんちゃんです。

 

というわけで、今回は県内でも楽しめるところ、というわけで瀬戸内海に浮かぶ豊島に行ってくることにしました。その過程で、どうしても小豆島にも立ち寄らねばならないので、少しだけ小豆島も走りました。豊島は、比較的大きめとは言え離島なので、できるだけ人に会わないよう配慮しての行動です。実は、豊島ツーリングは2回目なんですが、そのときは用事があってあまり走れなかったので、今回はそのリベンジなんです。

gan-jiro.hatenablog.com

 

f:id:gan_jiro:20201015064043j:plain

さて、今日のツーリングはフェリーを2航路をそれぞれ往復しないといけないため、少しでも節約しようとカブの出動です。

 

f:id:gan_jiro:20201015072556j:plain

f:id:gan_jiro:20201015081357j:plain

まずは高松港から小豆島の土庄に渡ります。豊島は香川県なのにフェリー一本では渡れず、まず小豆島に渡る必要があります。岡山の宇野からなら一本なのに…(ಠωಠ)

土庄港近くには、ごま油で有名なかどやさんがありますので風向きが良い日は港に近づいただけでごま油の臭いがして食欲をそそられます(爆)

 

f:id:gan_jiro:20201015091722j:plain

豊島の唐櫃港に渡ります。後ろに写っているフェリーで渡ってきましたが、いきなりご機嫌な景色です\(^o^)/

なんと唐櫃港では船を固定せず、ゲートを開いて船首を港に押しつけるだけです。着岸しているのは客が昇降している間だけなのでそれで大丈夫なんでしょうね(*゚Д゚)

 

f:id:gan_jiro:20201015091811j:plain

そして、唐櫃港から豊島美術館を過ぎてすぐのカーブを曲がりきると…この景色です!そのまま海へ飛んでいけそうじゃないですか!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つバビューン

 

f:id:gan_jiro:20201015091636j:plain

f:id:gan_jiro:20201015091929j:plain

ちょっと視点を変えてみると、こういう風になっています。すごく気持ちよく走れる道です(*´ω`*)

 

f:id:gan_jiro:20201015092042j:plain

そのすぐ横には棚田が広がっています。先に行きたいところがあるので、ここはまた帰りに…と思っていたら、時間が無くなりました( ̄。 ̄;)

 

f:id:gan_jiro:20201015092956j:plain

目的地に向かう前に、ほんのちょっと寄り道して唐櫃の清水です。水源に乏しい島では、ここは貴重な生活拠点となっていたようですね。

 

f:id:gan_jiro:20201015093049j:plain

やや荒れた山道を登ってきました。岡崎公園展望台の看板があります。が、まずはここではなく、別の展望台を目指します。

 

f:id:gan_jiro:20201015094403j:plain

f:id:gan_jiro:20201015100428j:plain

ででーん。豊島の最高峰、檀山の頂上展望台です\(^o^)/。直島、井島など瀬戸内の多島美が最高の景観を見せてくれます。遮るものが何もない、まさに絶景です。

 

f:id:gan_jiro:20201015094942j:plain

うむ。余は満足ぢゃ(爆)。と、さりげなく?徳島どなりの団子屋、卯月屋さんのTシャツを着て宣伝活動を(誰もいない)

 

f:id:gan_jiro:20201015095006j:plain

瀬戸内海に向かってジャンプ!オッサン絶好調!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 

 

f:id:gan_jiro:20201015095756j:plain

実は、この後ろに見えているコンクリートの基礎の上には、木造の展望台がありました。そこから、さっきの場所にあるカブの写真を撮りたかったんですが、災害にでも遭ったのか撤去されていました…残念。

 

f:id:gan_jiro:20201015100354j:plain

誰もいないのも当たり前、山頂付近に舗装部分は少なく、かなりダートを走らされます。本来ならセローで来るべきなんでしょうね(^^ゞ

 

f:id:gan_jiro:20201015101006j:plain

さて、次にさっきの看板にあった岡崎公園展望台に向かいます。その途中、豊玉姫神社で旅の安全を祈願していきましょう。豊玉姫神社は男木島にもありましたが、安産の神様として全国にいくつかあるようです。

 

f:id:gan_jiro:20201015101259j:plain

f:id:gan_jiro:20201015101320j:plain

岡崎公園展望台です。手前に男木島、その向こうに女木島と高松港、左手には屋島と五剣山(庵治)が見えます。四国本土にはなんやら暗雲が(゚Д゚;)

 

f:id:gan_jiro:20201015104532j:plain

家浦地区に降りてきました。この道も港に向けてまっすぐ開け、気持ちいいですね(*´∀`)

 

f:id:gan_jiro:20201015104233j:plain

f:id:gan_jiro:20201015104515j:plain

家浦港からは井島などが近くに見えて、なかなかの迫力です。

 

f:id:gan_jiro:20201015105950j:plain

豊島横尾館です。芸術家横尾忠則の作品を展示しているとのことですが、この真っ赤なフィルム?が貼られた窓がなかなか強烈なオーラを漂わせており、時間が無いこともあって立ち寄れません(爆)

 

f:id:gan_jiro:20201015110955j:plain

そこから長い間島民を苦しめてきた産廃処分場へ向かいますが、その途中でテシマリゾートというところに立ち寄ってみましたが、コンドミニアム型式?のリゾートホテルは完全に廃墟になっていました。

 

f:id:gan_jiro:20201015112015j:plain

f:id:gan_jiro:20201015112326j:plain

産廃関連の資料館があるはずなので、そこまで行ってみようと思いましたが、立ち入り禁止になっていました。資料館に行くには予約が必要なのかもしれません。下調べしていなかったので、ここはまたリベンジ案件ですね(^0^;)

仕方ないので、手前の海岸から産廃施設用?の船着き場を見ておきました。

 

f:id:gan_jiro:20201015113439j:plain

途中、秋桜畑を見つけ、せっかくなので一枚。

 

f:id:gan_jiro:20201015114146j:plain

島の南側へ出て、海岸沿いを走ります。

 

f:id:gan_jiro:20201015115447j:plain

西方面に出ました。小豊島と小豆島が見えます。しかし、このとき、フェリーの時間が迫っていたのでゆっくり写真を撮っている暇はなく、先を急がねばなりませんでした…。

 

f:id:gan_jiro:20201015130345j:plain

フェリーでまた土庄港へ渡り、迷路の町、と呼ばれる辺りへやってきました。石垣と五重塔が歴史を感じさせますが、カブはこういう景色にも似合いますね(*´ω`*)

 

f:id:gan_jiro:20201015132530j:plain

続いてやってきたのは西の瀧という山岳寺院です。前々から山の上にあるここが気になっていたんですが…駐車場からあまりに本殿が遠いので、まだ履き慣れていない革の硬いブーツではとても歩く気にはなりませんでした(^^ゞ

 

f:id:gan_jiro:20201015133447j:plain

寺院の山から下りて、細道を走っていると偶然小豆島名物のそうめんを作っているところを見かけました。こうやって細く伸ばして乾燥するんですね(*゚Д゚)

 

f:id:gan_jiro:20201015135751j:plain

f:id:gan_jiro:20201015135424j:plain

今度は小豆島ヴィラの跡地にやってきました。ここへ上がる道はワインディングが楽しく、隠れた絶景道でもあるんですが、荒れてしまっていてあまり景色が開けているところはありませんでした。立派なホテルの建物があるんですが、全く使われておらず、ここも廃墟になっています…(@@;)

 

f:id:gan_jiro:20201015141103j:plain

道の駅ふるさと村です。ここで、あらかじめ買い込んでおいたおにぎりとサラダの昼食にします。ここまで気をつかって人との接触を避けるのが正しいのかどうか迷いますが…。

 

f:id:gan_jiro:20201015143644j:plain

国道は走らず、裏道の広域農道を走って坂手方面へ向かいます。時間があれば岬の分教場へ行こうと思っていましたが、そこまでは到達できませんでした。いや、予約とかはないので、フェリーの時間を遅らせれば良いんですがあまり遅くなりたくなかったのです(^0^;)

 

f:id:gan_jiro:20201015144912j:plain

岬の分教場の少し手前まで来て、そろそろ引き返さないとやばいな、と思い始めてUターンしたところで、対岸に内海ダムが見えることに気づき、ダム好きとしては記念撮影をしておきます(笑)。高さはありませんが、堤長はすごく長いダムですね。

 

f:id:gan_jiro:20201015150124j:plain

マルキン醤油の工場まで来ました。正面の醤油樽で写真を撮りたかったんですが、なんとなく横の路地に入ってみるとなかなか良い雰囲気。なので、こちらで写真を撮っておきましょう(*゚▽゚)ノ

 

f:id:gan_jiro:20201015150723j:plain

さて、フェリーの時間まで余裕がありませんが、とある目的を果たすため、こちらのつくだに屋さんに立ち寄ります。その目的とは…。

 

f:id:gan_jiro:20201015150427j:plain

はい、ライダーの義務1ツーリング1ソフトですね(爆)。つくだにソフトです。星形に切った昆布の佃煮がのせられていて、これがこのソフトの風味とよく合います(*´ω`*)。ただ、ソフト自体にはあまり佃煮は感じなかったような?ま、美味かったのでヨシとします。

 

f:id:gan_jiro:20201015153208j:plain

池田のフェリーはパンダ号(って名前かどうか知りませんが)とキリン号があり、出港してすぐうまくすれ違ってくれました(=゚ω゚)ノ。というわけで、池田港からのフェリーに乗り、高松へ帰還します。お疲れ様でしたβуё (o'ω'o)ノシ βуё

 

本日の走行距離:120km(港への往復含む)

 

おまけ1:ヘルメット

f:id:gan_jiro:20200926160326j:plain

f:id:gan_jiro:20201007185613j:plain

上の写真、メインのヘルメットSHOEIのホーネットADVが、あごひもにジャケットのベルクロが引っかかってしまったため糸がはみ出てしまい、それを引っ張ったところ繊維がほどけてバラバラになってしまいました。で、SHOEIに問い合わせたところ、修理可能なので送れとのこと。着払いで送り、なんと無償で修理してくれました。ばらけてしまったあごひもはユーザーに責任がないから、という判断なのかなぁ。新品の箱入りで、シールまでついている神対応。次のヘルメットもSHOEIに決定ですね(*゚▽゚)ノ

 

おまけ2:ブーツ更新!

f:id:gan_jiro:20201006200337j:plain

f:id:gan_jiro:20201006200409j:plain

今まで使っていたコミネのモトファンゴがだいぶやれてきて、所々破けてきたので思い切って新しいブーツを購入しました。ワイルドウィングのファルコンです。こういう本格的革ブーツは初めての購入だったので不安で、実際履いてみて甲の部分が微妙に狭く、ちょっと痛かったんですが、今回のツーリングに履いていって、1日でかなり慣れました。革って使うとなじんでくるもんですが、さすが良いものは違いますね(*´ω`*)

 

おまけ3:にゃんこ

f:id:gan_jiro:20201017072758j:plain

f:id:gan_jiro:20201017072802j:plain

改装中の台所の頂点に立つ女、ミルたん。

 

ブログランキングに参加してみました。モチベーションになるので、よろしければどれか一つで良いのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村


バイクランキング